練馬へも出張訪問整体 冷え性の原因って?パート②

query_builder 2021/02/16
ブログ
イラスト冷え

おはようございます。

Rui-Zケア 整体担当のマサキです。


昨日は冷え性について共通する部分の対策などのお話をさせて頂きました。

今日はそのパート②として、では冷え性にはどんな種類?の物があるのかを

お話していこうと思います。


冷え性の種類として言われているのが・・・


①四肢末端型(手足が冷える)
10~20代の若い女性に多くみられ、食事の量が少ない、運動不足などの生活習慣によって交感神経が過剰に働き、手先足先の血管が収縮して起こる。

<対策>
靴下やカイロで温めたとしても一時的なものになってしまう。
食事量を増やしてあげる事、たんぱく質をしっかりとってあげる事が大切
(持病などにより食事制限があり方は医師に相談しましょう)
②下半身型(腰から下が冷える)
30代から中高年の男女にみられる。
デスクワークなど座りっぱなしの時間が長いとお尻などの筋肉が硬くなってしまいます。
座骨神経が圧迫され血流が滞ってしまう。

<対策>
下半身の血流が滞ってしまっていますが、お尻周りのストレッチやボールなどを使って
マッサージ
をしてあげましょう。
③内蔵型(体の表面は暖かいが内蔵が冷える)
血管が収縮しにくく、体外へ熱が逃げやすい人や、過去に手術を経験して血流が悪くなった人などに起きやすいと言われています。
30代から中高年の女性に多く体形がぽっちゃり形で、食欲があり、汗かきの人は要注意との事。

<対策>
厚着はしすぎず、通気性の良い服装がよい。
食事に関しても食べすぎには注意しましょう。
④全身型(体質や服薬の影響などで全身が冷える)
冷えているという自覚症状は乏しく、慢性的なだるさをおぼえるなど身体機能は低下する。「隠れ冷え」とも呼ばれる。

<対策>
代謝が落ちて食欲がないケースが多い
食事を増やすことが大切。
体の内外が冷えているので、熱を逃さないよう保温に気をつけましょう。


⑤混合型

手足の先と下半身のどちらも冷えてしまう方。
四肢末端と下半身の両方が冷える混合型の冷え性もあります。この場合、四肢末端型と下半身型両方の対策をとっていくことがポイントです。



5つの中でも対策方法は違いますので、自分がどのやつなんだろう?と確認しながら

今回ご紹介した対策にプラスして、【 運動 】【 お風呂 】の方法も取り入れて

みましょう。

整体やリラクゼーションは血液循環をよくする、自律神経を整えリラックス効果得られるなど

冷え性の方のお手伝いも行えます。お気軽にご相談下さいね(^.^)


最後までお読みいただきありがとうございます。


NEW

  • 本日の空き情報 板橋区西台にあるリラクゼーション整体&保険外サービス(介護)

    query_builder 2021/09/17
  • 本日の空き情報 板橋区西台にあるリラクゼーション整体&保険外サービス

    query_builder 2021/09/16
  • その疲れ・・・もしかして「秋バテ」かも 板橋区西台Rui-Zケア リラクゼーション整体&保険外サービス

    query_builder 2021/09/07
  • 今週の空き情報 板橋区西台にあるリラクゼーション整体と保険外サービス(介護) ルイズケア

    query_builder 2021/09/06
  • 空き情報 板橋区西台にあるリラクゼーション整体と保険外サービス(介護) ルイズケア

    query_builder 2021/09/03

CATEGORY

ARCHIVE